氷上回廊氷上回廊

  • 文字サイズ
  • 標準
  • 小

氷上回廊

フロアガイド
floor guide

当館は「小さいけれども学びがいっぱいの博物館」を目指しています。限られた展示スペースではありますが、ご来館いただいた皆様に氷上回廊や水分れの魅力を様々な展示手法でお伝えします。1Fの水分れロビー、2Fの交流ギャラリーは、入館料が無料です。様々なシーンにご活用ください。

水分れロビー

水分れロビーでは、氷上回廊の地形について学ぶことができます。最初に皆さんを迎える展示は、プロジェクションマッピングによって投影された博物館周辺の地形をキネティックサンドで再現するものです。河川や地理の専門家集団による監修によって製作された、科学の粋が結集された展示となっています。

展示室内

  • 氷上回廊空中散歩
    展示室内に入ると、大きなスクリーンに氷上回廊を空中散歩しているような様子が映し出されます。ここでは丹波市の魅力を皆さんにお伝えするとともに、長い歴史で培われた自然や文化を紹介します。
  • 地球は凸凹(でこぼこ)
    日本初!の凸凹の地球儀や日本列島の模型が展示されています。ここでは、世界や日本の地形に加えて、中央分水界や水分れについて学ぶことができます。
  • 氷上回廊の「キセキ」
    氷上回廊がどれだけのキセキでなりてっているのかを、「河川争奪」、「気候」などのキーワードから読み解きます。また子どもにもわかりやすいように、絵本やイラストで内容を紹介しています。
  • 氷上回廊のいきもの
    氷上回廊が育んできたいきものを展示しています。大型の哺乳類から鳥類、昆虫、植物などたくさんの種類を見ることができます。普段間近では見られないものも観察してみましょう!
  • 氷上回廊の歴史
    氷上回廊は3万年前にナウマンゾウが通ったといわれています。その後も歴史が進み、人やモノ・コトの交流ができました。実物の高瀬舟も展示し、歴史と文化の謎に迫っていきます。
交流ギャラリー

交流ギャラリーでは、「ミュージアムボックス」という体験型のツールを数多く用意しています。舟運すごろくやいきものかるたで氷上回廊のことを学習しましょう。また、多目的スペースでは自習なども行うことができます。お気軽にご利用ください。(ただし団体等の会議利用など料金が発生します)